よくある質問 (FAQs)

以下の質問事項に回答が見つからない場合、お電話かメールにてお尋ねください。

TempTale® Monitor 質問

TempTale はどのように記録の日時を監視しますか?
TempTale モニタのレスポンスタイムとは?
様々なアラーム種別とは?
TempTale モニタはどのようにして試験されますか?

モニタが較正される頻度とは?
TempTale モニタは、使用していない際、インターフェースに接合/結合できますか?
TempTale Dry Ice Probe モニタを、直接、ドライアイス環境に配置することができますか?
TempTale 多目的用途モニタのライフサイクル/寿命は?
リチウムバッテリーであることを理由に、TempTale モニタの空輸にあたって、別途、書類が必要ですか?

インジケータ関連の質問

温度インジケータが作動し得る日数は?
温度インジケータは耐水性ですか?
アラームがインジケータ内で起動するうえでの閾値の温度および時間/回数とは?
TagAlert® インジケータは4つのアラーム未満によるプログラミングが可能ですか?
電子温度インジケータの精度とは?
温度インジケータのレスポンスタイムとは?
インジケータは、アラームの状態が有効化されている際に時間を識別しますか?
TagAlert インジケータ搭載のAlarmAlert 機能をどのようにして確認しますか?
インジケータはFahrenheit でプログラム可能ですか?
温度インジケータの再利用または再プログラムは可能ですか?
起動してから、TagAlert インジケータを停止することは可能ですか?
ドライアイス用途にてインジケータを利用できますか?
Sensitech はインジケータのパフォーマンスをどのように認証しますか?

ストリップチャート・レコーダーに関する質問

起動後、ストリップチャート・レコーダーはカチッという微かな音を発しますか?
ストリップチャート・レコーダーは、使用後、依然として適切に作動することを検証する目的で試験可能ですか?

VizComm™ F4 および VizComm™ F5 に関する質問

デバイスをオンにするには?
デバイスが正常に作動しているのを確認するには?
バッテリーは再充電可能ですか?
遠隔的にデバイスの電源を入れることは可能ですか?
飛行機内でこのデバイスを使用できますか?
デバイス/バッテリーの適切な処分方法とは?

VizComm 使い捨てトラッカーに関する質問

デバイスをオンにするには?  
デバイスが正常に作動しているのを確認するには?  
バッテリーは再充電可能ですか?  
遠隔的にデバイスの電源を入れることは可能ですか?
デバイスの返品およびリサイクルの方針とは?

VizComm GEO に関する質問

デバイスをオンにするには?  
デバイスが正常に作動しているのを確認するには?  
バッテリーは再充電可能ですか?  
デバイスの返品およびリサイクルの方針とは?

SensiGuard™ Tracks に関する質問

トラッキングweb アドレスは?ブラウザの要件とは?    
パスワードを忘れましたが、どのようにリセットしますか?    
私のデバイスが報告を行わないのはなぜですか?  
Geofence(地理上のフェンス)とは何ですか?
インターバルの設定方法は?
Inferred Motion とは何ですか、また、モーションとの違いは?
SensiGuard Tracks はスマートフォンのアプリとして提供されていますか?  


TempTale Monitors 質問/回答

Q: TempTale はどのように記録の日時を監視しますか?
A:
TempTale 4 モニタ・シリーズには内部クロックが埋め込まれています。TT4 モニタの内部クロックは、モニタが構成設定される際に設定されます。このことは、TT4 モニタを構成設定するのに用いられるコンピュータがインターネットの原子時計と同期化されるSensitech の工場で実施されます。TT4 モニタの内部クロックはグリニッチ標準時間(GMT)で作動します。TT4 モニタがPC によってダウンロードされる際、表示数値が全て開始時刻から算定され、TT4 モニタに保存されます。PC は地域時刻ゾーン向けに照会され、全ての表示数値が地域時刻ゾーンに変換されます。

Q: TempTale モニタのレスポンスタイムとは?
A:
レスポンスタイムは気流、温度変化、圧力等のいくつかの因子に左右されます。環境は変動することから、Sensitech はレスポンスタイム向けの仕様を要求しません。

Q: 様々なアラーム種別とは?
A:
モニタのアラーム種別にはいくつかあります:

  • 時間 - シングル・イベント: 実際の温度が、所定の時間中、連続的に、理想範囲を超えるとアラームが起動します。
  • 時間 - 累積: 実際の温度が、所定の総時間において、理想範囲を超えるとアラームが起動します。アラームは、温度が、累積的に、連続および非連続的に範囲を超えると起動します。
  • 時間 & 温度 - シングル・イベント: アラームは、温度が連続的に所定の温度 - 時間の範囲を超えると起動します。温度 - 時間は、温度と理想の温度のºF/ºC 単位で測定される差異に測定インターバル(分単位)が乗ぜられたものです。
  • 時間 & 温度 - 累積: アラームは、温度が、連続的に、もしくは非連続的に、所定の温度 - 時間にわたって範囲を超えると起動します。

Q: TempTale モニタはどのようにして試験されますか?
A:
各モニタは精度試験にて合格となったうえでお客様の元に届けられます。試験は NIST®-トレーサブル温度/湿度チャンバーにて実施されます。全ユニットが3点精度試験を受けます。Sensitech 全製品に関するその他の詳細はValidation Package をご確認ください。

Q: モニタが較正される頻度とは?
A:
TempTale モニタ製品デザインは自己較正回路を用いています。すなわち、モニタが起動するたびに、マイクロプロセッサがサーミスタの代わりに高精度レジスタを使って回路抵抗を決定します。 結果、ユニットは、電子回路が、製品寿命にわたって、精密な温度測定に及ぼす影響を相殺することができます。適切に組み立てられたユニットは、使用対象の温度範囲に応じ、+/- 0.5°C~+/- 1°C の精度を備えています。よって、TempTale モニタは、使用耐用期間中、「再較正」が不要です。

Q: TempTale モニタは、使用していない際、インターフェースに接合/結合できますか?
A:
いいえ。プロンプトが表示されたらモニタをインターフェースから切断するようにしてください。ダウンロードや構成設定をしない際にモニタを接続したままにしておくと、不必要に、モニタのバッテリーが浪費されてしまいます。

Q:TempTale Dry Ice Probe モニタを、直接、ドライアイス環境に配置することができますか?
A:
いいえ。プローブ以外はこうした環境向けに考案されていません。実際のモニタですが、バッテリー/その他のコンポーネントが–30°C 以下の温度条件に晒されると、許容可能なパフォーマンスを発揮しなくなります。TT4 Probeless Dry Ice モニタは最低–80°C の環境を意図して設計されています。

Q: TempTale 多目的用途モニタのライフサイクル/寿命は?
A:
TempTale 多目的用途モニタは1年間の保証付きです。1年間のバッテリー寿命およびモニタ精度を保証いたします。

リチウムバッテリーであることを理由に、TempTale モニタの空輸にあたって、別途、書類が必要ですか?
A:
大半のTempTale モニタの場合、バッテリーのサイズが小さいことから、余計な手続や書類は不要です。サポート・セクション(support section)に投稿されているカスタマーサービス報告#99 では、ラベリング不要で出荷可能なモデル種別の詳細および最大数量が明示されています。同時に、同報告では、出荷にラベル付けが必要な場合の要件も紹介されています。バッテリーに関して、別途、書類が必要な場合、Client Services にご用命ください。有害物質規則(49 CFR of the Hazardous Materials Regulations)に準拠するうえで必要な書類を全てご用意しています。

インジケータ関連の質問/回答

Q: 温度インジケータが作動し得る日数は?
A:
輸送中の温度インジケータは、10~90日間という範囲の、比較的短期間の出荷向けとなっています。保管条件モニタリングのサポートにあたって、一部のSensitech 温度インジケータ製品も出るラインは、最長3年間という長期期間に耐えうるものとなっています。

Q: 温度インジケータは耐水性ですか?
A:
はい…エンクロージャは防塵で封がされていて液体のしぶきから内部の電子回路を保護しています。

Q: アラームがインジケータ内で起動するうえでの閾値の温度および時間/回数とは?
A:
アラーム条件にあたって所定の閾値の時間(回数)/温度はありません。各インジケータはお客様固有の製品要件にカスタマイズされています。閾値の温度、閾値の時間/回数、アラーム種別(シングル・イベントまたは累積)のパラメータは、発注時に、お客様によって選択されています。Sensitech は、インジケータをお客様の手元にお届けする前に、こうした値で各デバイスのプログラミングを行います。

Q: TagAlert インジケータは4つのアラーム未満によるプログラミングが可能ですか?
A:
はい。1~4の時間(回数)/温度アラームでプログラミング可能です。お客様が特定の用途に必要なアラームの数と種別を決定することができます。

Q: 電子温度インジケータの精度とは?
A:
Sensitech の全インジケータですが、ラストマイルのコールドチェーン流通環境にて経験される最も一般的な作動温度を中心に、+/- 0.5°C の温度精度を維持します。こうしたブランド以外だと、温度精度は+/- 1.0°C まで広がります。アラーム条件の時間制度は作動月ごとに± 数秒です。

Q: 温度インジケータのレスポンスタイムとは?
A:
一般として、電子温度インジケータの場合、温度の変化に完全に反応するのに約10分を要します。

Q: インジケータは、アラームの状態が有効化されている際に時間を識別しますか?
A:
FreezeAlert およびThermoAlert インジケータはシンプルな「「ゴー(go)、ノーゴー(no-go)」のアイコンをディスプレイに表示し、プログラムされたアラーム条件の全般のステータスを供与します。こうしたデバイスはその他には追加情報を表示しません。TagAlert インジケータは類似する全般的なアラームのステータス表示を組み込んでいて、10日のトリップ中に最初のアラームが発生した時に関する詳細なタイム - スタンプ情報を提供するAlarmAlertTM 機能を搭載しています。
VaxAlert インジケータはアラーム条件に関する付加的な情報を供与し、最大9つの一意のアラーム・イベントを対象とする経過時間マーカーおよびアラーム・イベント中に観察される最高/最低の温度表示の機能を備えています。

Q: TagAlert インジケータ搭載のAlarmAlert 機能をどのようにして確認しますか?
A:
TagAlert インジケータにアラーム起動シンボルが表示されている場合、AlarmAlert 機能は最初の10日間のトリップ中に発生した初めて起動されたアラームのステータスに関する情報を供与します。
スタート(Start)ボタンを押して最初に起動されたアラームがどれか判定します(ユニットのプログラミングに応じ、起動する可能性のあるアラームは最大4つあります)。最初に起動したアラームは、4秒間、LCD 上で点滅します(例:「2」が4秒間点滅する場合、アラーム2(Alarm 2)が最初に起動したことになります)。LCD が消え、表示される次の数字は、アラームが起動した際のトリップの日にちを示します。複数の数字が点滅する場合、これらの数字を合算してアラームが起動した日にちを判定すべきです(「2」と「4」が表示されれば、アラームはトリップの6日目に起動したことになります)。2秒後、LCD が点滅し、アラームが起動された際の3時間枠を示す数字が現れます。複数の数字が点滅する場合、これらの数字を合算してアラームが起動した日にちを判定すべきです(「2」と「4」が表示されれば、アラームはトリップの6番目× 3時間のセグメントに起動したことになり、つまり15~18時間です)。

Q: インジケータはFahrenheit でプログラム可能ですか?
A:
いいえ。アラーム温度値はセ氏(Celsius)以外では生成されません。インジケータをご注文いただく際はアラーム温度の閾値をセ氏(Celsius)で指定していただくことになります。

Q: 温度インジケータの再利用または再プログラムは可能ですか?
A:
いいえ。温度インジケータはシンプルかつ便利で、コスト効率に優れた、1回の使用限定の電子モニタリング・デバイスで、製造過程において、お客様特有のプロファイルにてプログラムされています。デバイスは限定的な作動寿命を念頭に入れて考案されていて再プログラム不可です。

Q: 起動してから、TagAlert インジケータを停止することは可能ですか?
A: はい…TagAlert インジケータの1モデルは停止ボタン(stop button)機能を利用することができ、受領サイトでのモニタリングのフィールド停止(field stop)が可能です。

Q: ドライアイス用途にてインジケータを利用できますか?
A: いいえ。ドライアイス用途は-80°C に達する可能性があり、そうなると、ユニットのバッテリーが浪費され、その他の内部コンポーネントが損傷する恐れがあります。インジケータはデータシートに列挙されている特定の操作範囲での利用に限定されています。

Q: Sensitech はインジケータのパフォーマンスをどのように認証しますか?
A:
各インジケータ製品は多彩な内部品質、精度や性能の試験、ならびに第三者の独立した製品試験や認証を経てお客様の元に届けられています 。こうした幅広い試験によって、各インジケータ設計の全般的な精度と信頼性が約束されます。こうした試験結果を詳細に明示しているValidation Packages はお客様のレビュー用に閲覧可能となっています。詳細について、Client Services に連絡する。さらに、Sensitech が製造する1つ1つのインジケータは温度精度について試験されており、NIST の追跡可能な温度標準に参照されています。

ストリップチャート・レコーダーに関する質問/回答

Q: 起動後、ストリップチャート・レコーダーはカチッという微かな音を発しますか?
A:
はい。ユニットが適切に起動すると、ギアの動作がカチッという微かな音を発します。これは、ユニットが起動したことを付加的に確認する証となります。

Q: ストリップチャート・レコーダーは、使用後、依然として適切に作動することを検証する目的で試験可能ですか?
A:
はい、ストリップチャート・レコーダーの全てのパーツが作動状態にてSensitech に返還される限り、使用後、タイミングと温度の精密さ目的での試験が可能です。

VizComm F4 およびVizComm F5 に関する質問/回答

Q: デバイスをオンにするには?
A: VizComm F4
—十字線のボタンを軽く押すと電源が入ります。緑の光が、4秒間、点灯してから点滅し、デバイスの電源が入ったことを知らせます。
VizComm F5—十字線のボタンを4秒間長押しすると電源が入ります。緑の光が点滅し、デバイスの電源が入ります。

デバイスが正常に作動しているのを確認するには?
A: ステータスの点検(CHECK STATUS)
—十字線のボタンをタップしてバッテリー(R-LED)とセルのシグナル強度(L-LED)を確認します。光が点滅しない場合、デバイスの電源がオフになっています。

Q: バッテリーは再充電可能ですか?
A:
大半のデバイスには外付けの再受電式バッテリーが搭載されています - 充電器が必要な場合はカスタマーサポート(customer support)にご用命ください。

Q: 遠隔的にデバイスの電源を入れることは可能ですか?
A:
いいえ。デバイスは、十字線のボタンを押したり離したりすることで手動でのみ起動することができます。

Q: 飛行機内でこのデバイスを使用できますか? ?
A:
いいえ。VizComm F4 およびVizComm F5 はFAA 準拠ではありません。

Q: デバイス/バッテリーの適切な処分方法とは?
A: 
責任あるリサイクル選択肢については、Technical Support にご連絡ください。

VizComm 使い捨てトラッカーに関する質問/回答

Q: デバイスをオンにするには?
A:
トラッカーの左下のクリアのタブを引いて起動します。両方の光が、1~10秒間、点灯してトラッカーが起動したことを知らせます。緑(GREEN)のバッテリー光が、30~60秒間、高速点滅しトラッカーが適切に起動状態となっていることの証となります。

Q: デバイスが正常に作動しているのを確認するには?
A:
光が、10秒ごとに、点滅し、この時、トラッカーが有効にデータを記録する状態です。

Q: バッテリーは再充電可能ですか?
A:
いいえ。このデバイスはお客様にて再充電できるように考案されていません。

Q: 遠隔的にデバイスの電源を入れることは可能ですか?
A:
いいえ。デバイスはプル(pull)「タブ」を分離することで手動でのみ起動可能です。

Q: デバイスの返品およびリサイクルの方針とは?
A: 
返品またはリサイクル・プログラムに参加いただくと、返品用のポーチ、または返品やリサイクルにあたってのデバイスの投函場所に関する情報が供与されます。返品に関する詳細については、Client Services チームまで、メール または電話(+1-512-225-6490)にてご連絡ください。

VizComm GEO に関する質問/回答

Q: デバイスをオンにするには?
A:
回転する初期化アイコンがLCD ディスプレイに表示されるまで、緑のスタート(Start)ボタンを、数秒間、長押しします。緑のLED が、30~60秒間、高速点滅します。

Q: デバイスが正常に作動しているのを確認するには?
A:
太陽のアイコンがLCD ディスプレイに表示されると出荷されます。太陽のアイコンが表示されない限り、GEO Tracker をお使いにならないでください。

Q: バッテリーは再充電可能ですか?
A:
いいえ。このデバイスはお客様にて再充電できるように考案されていません。

Q: デバイスの返品およびリサイクルの方針とは?
A: 
返品またはリサイクル・プログラムに参加いただくと、返品用のポーチ、または返品やリサイクルにあたってのデバイスの投函場所に関する情報が供与されます。返品に関する詳細については、Client Services チームまで、メール または電話(+1-512-225-6490)にてご連絡ください。

SensiGuard Tracks に関する質問/回答

Q: トラッキングweb アドレスは?ブラウザの要件とは?
A:
SensiGuard Tracks のweb アドレスは https://fwi.trackingapp.net/login.htm です。 Google Chrome™、 Apple® Safari、 Mozilla Firefox®、 Internet Explorer® 9 はトラッキング・プラットフォームの高度な機能にあたってのサポートを供与します。

Q: パスワードを忘れましたが、どのようにリセットしますか?
A:
コンピュータデトラッキングweb サイトを開き、ウインドウのログにある「パスワードを忘れた(forgot password?)」のリンクを押します。ユーザーネーム(メールアドレス)を入力すると、リセット用のリンクが送信されます。 注記:SPAM フィルタを確認してメールが届いていないか調べることをお薦めします。

私のデバイスが報告を行わないのはなぜですか?
A:
Technical Support(+1-512-279-2522)にご連絡ください。

Q: Geofence(地理上のフェンス)とは何ですか?
A:
バーチャルな地理的境界であり、GPS またはRFID テクノロジーによって定義されており、モバイルデバイスが特定領域に出入りすると、ソフトウェアがレスポンスをトリガーするのを可能にします。

Q: インターバルの設定方法は?
A:
トラッキング(Tracking)アプリケーションにログオンしてデバイスのダッシュボードを開きます。続いて、報告インターバルを設定します。

Q: Inferred Motion とは何ですか、また、モーションとの違いは?
A:
Inferred Motion はデバイス内の物理的なセンサではありません。そして、SensiGuard Tracks によって算定され、既存locate と前のlocate を比較してから実際のデバイスの動きの可能性が判定されます。「はい(yes)」のレスポンスが示すのは、既存のlocate が前のlocate とは異なり、SensiGuard Tracks の算定により、その差異はデバイスが動いていることを判断するのに十分であることです。モーション(Motion)—デバイスは傾き/軸および配向の変化を検出します。モーションが感知されると、このセンサは、はい(yes)、に切り替わります。

Q: SensiGuard Tracks はスマートフォンのアプリとして提供されていますか?
A:
SensiGuard Tracks はiPhone アプリとしてのみお使いいただけます(SensiGuard Tracks)。現時点では、Android アプリの導入は予定されていませんが、Android のブラウザは十分対応可能なフォーマットです。